我想フ故ニ我在リ

■Top | <Back | [Return] | Next> | [New] | List■

洗濯物(1)

我が家では、ワイシャツをクリーニングに出さずに家で洗濯しています。 形状記憶ワイシャツというのもあって、乾いた後のアイロンがけが不要なので助かります(そうじゃなくてもアイロンはかけませんが…)

ただし、お義母さんが洗濯しなければ

子供の服のポケットに染料系の何かが入っていたらしくて、お気に入りのワイシャツが迷彩柄になってしまいました。気分はもう浜崎あゆみです(嘘です)。Tシャツやタオルなども結構サイケな柄に染まっています。70年代のヒッピー文化を彷彿とs・・・

お盆に帰省した時このワイシャツを持って帰り ました。お義母さんが「どうしても落ちない」と言うので、田舎で作業着にするつもりでした。このワイシャツは、私の実の母(ママン)が 買ってくれたメーカー品(メーカー品って!)で、着心地が良いのでお気に入りです。パジャマ代わりにもなりそうです。

 母「ありゃまぁ…、このあいだ買ってあげたワイシャツ、こうなってしもぅたかぁ…」
 私「どぅやっても落ちへんみたいやから、作業着にする…」
 母「まぁ、待ち、お母ちゃんが洗ろてみたるワ…」
   (その日の夕方…)
 母「見てみぃ(パンッパンッ)きれいになってるやろ?」
 私「う〜わ!ホンマやぁ!新品同様やぁ! どんな魔法使うたんや?
   (↑超ベタな言い回し…)
 母「普通に洗濯機で…」
 私「(あんのクッソ義母…)
 母「あぁ、あの人、洗剤とか使えへんやろ?」
 私「知らんけど、“地球にやさしい”とか、そういう言葉は好きやからな…」
 母「そやろ?まえに、あの家で洗濯物をたたんだったとき、
   いっこもエエ匂いせぇへんかったしな…」

というわけで、他の荷物とまとめて宅急便で送り返してもらうことにしました。きれいになったワイシャツを見て、お義母さんがどういう反応をするかワクワクです(テメェの洗濯はナッテネェんだよFuck!!)

義母「ヒロシさん!お母さんから、荷物とどいてますよ…。  開けますよ…。」
 私 「(ニヤリ…、ワイシャツに気づきやがれ…)
義母「あらまぁ、“ワイシャツが足りへん”ってこのまえ言うてたけど、
    田舎にわすれてたんやないの!」
 私 「(それはもともと数に入ってないって…そうじゃなくて)そのシャツ、
    染料で迷彩になってたヤツ…」
義母「へぇ、お母さん洗濯上手なんやねぇ…、へぇぇ…」
 私 「(おまえがヘタなんじゃ!ボケ! 恥ずかしいと思わんのか! カス!)
義母「今度から、汚れの落ちへんヤツは、お母さん所へ送って綺麗にしてもらお♪

そう来るかぁ…

(2001/09/14)