我想フ故ニ我在リ

■Top | <Back | [Return] | Next> | [New] | List■

釣 り

ハゼ に始まり ハゼ に終わる

釣り、それは魚類と人類の命をかけた戦い。喰うか喰われるかの壮絶な駆け引きが直径コンマ数ミリのライン上で繰り広げられる。日頃のタックルの整備不良や一瞬の気の緩みが命取りとなる。

戦場には厳しい現実しかない…。ドラグは適正か?エサはアオイソメで本当に良いのか?奴は底に居るのか?向こう岸に移動すべきか?全ては自らの判断に委ねられている。作戦は成功するのか?故郷で待つ妻や子供達に再び会うまで生き残れるのか!はたして…

とか考えながら釣りしてたら、釣れませんネ。はっきり言って…。
のんびりと、ウキの動きを眺めながら、川面に浮かぶ鴨に「どうよ?魚は居てるか?」とか声かけたり、空を見上げて「お〜い!雲よ〜」とか呼んでみたり。沖に向かって「青春って何なんだよぉ〜」とか叫んだり。

とかすると、近くの釣り人どころか、魚も逃げ出しますネ。しょうみの話。

だれか!釣らせてくれ!必釣法おしえてくれぇ!でかいの釣りたいネン!
ハゼはもうエエッちゅうネン!さっきからエサをガリガリかじりやがって!エサのホンムシ、短こうなってるやん!、それ1匹100円するネンて!1パック500円で5匹しか入ってへんのに!こんなことやったら、ゴカイにしとけばよかったんやん!くっそぉ!針を小さいのに換えて、お前ら(ハゼ)釣ったる!天プラや!天プラ!今日もハゼの天プラで、ビールや!ワハハハハハハ…

どうです?楽しそうでしょ?近所の方、いっしょに釣り行きませんか?


(2000/12月)