我想フ故ニ我在リ

■Top | <Back | [Return] | Next> | [New] | List■

会社のパソコン

ウチの会社に入社すると、まず自分のパソコンを組み立てなければなりません。
社長から「ホイ、お金!」と現金を渡されて、日本橋(東京なら秋葉原みたいなところ)へUF2号で出動します。
いちおう、社長から最低限のスペックを言い渡されますが、それをクリアしていれば、自分の好みでパーツをそろえます。

私は、5インチベイが10個もあるフルタワーの筐体にAOpenのマザボ(CPUはペンティアムIII 450MHz)にしました。左の写真は、完成してニヤケている私とマシンです(マシンはニヤケてません)。マウスは一見マイクロソフト純正ですが、1ヶ月でこわれた偽者です。キーボードは3ヶ月でSHIFTキーがぶっ飛びました(瞬間接着剤で留めてある事は社長には内緒です)。ベイはあと7つ空いていて、引き出しにすればタンス代わりになりそうです。
いやアナタ…、フムフムじゃなくて…、タンスにはなりませんってば。

写真のバックがゴチャゴチャしていていますが、そのあたりが社長の席です。通称「ブラックホール」です。なくしたと思ったものは、たいがいココから出てきます。


(2000/12月)